婚活支援を活用しよう

婚活という言葉が一般的になったこの時代に

09 2月

婚活支援会社をつくってみたい

Posted in News on 09.02.12 by Merlyn

私は32歳で結婚した。今の旦那とは交際歴7か月でプロポーズしてもらった。それまでは私にはまともな彼氏はいなかった。なんとなく交際してるようなしてないような、友達以上恋人未満な関係の付き合いはあったが、よくよく思いだしてみると30年彼氏いなかったのかなあとも思う。ほんとに、職場恋愛はご法度だったし、プライベートでもまるで神様に意地悪でもされてるのかはたまたそういう運命なのか私には彼氏がなっかなか出来なかった。いろんな出会いを求めて合コンもしたし、お見合いも何度となくした。ふと考えると人と人が交際に至るのって、簡単なようで私にはとても難しかった。そんないつもヤキモキした思いを抱えていた。

自分が婚活で苦労した分、同じく困ってるかたの橋渡しをしたいと考えた。ほんとに結婚をいつかはしたいと真剣に考えてる人にしたら、婚活は頭を抱える問題だと思う。なんかいい婚活支援の会社でも作れたらなと空想してみたりもしてみたし、友人で出会いがない人を紹介したり自分の婚活苦労話しをしてみたりもした。自分がつくってみたい婚活支援の会社としては、まず小規模な会社であり顧客から高額な会費は取らず和気あいあいとした雰囲気のある会社が理想である。かしこまった場ではなかなか自分を出せなかったりする。そこで、飲み屋さんで知り合いが出来るようなちょっとお茶でも飲んでくるような気軽さのある場を作り、そこで気軽に知り合えまたちょっとしたイベントなどもし会員同士がとても仲良くなれていつの間にか会員同士がカップルになってるようなそんな婚活支援会社もいいなと。あまりお見合いだ、出会いだ、婚活だと肩肘張った感じだとどうもみんな身構えてしまうし、行きづらいし、人にも話しづらい。バーやカフェがあるのだが、みんなが自由にいろんな人と会話をするシステムにし、会話したくない人や人と色んな人と知り合いたくない人や人脈を広げたくない人やいかがわしい商売を誘い込もうとしてる人や女性にいかがわしいことをしようとするナンパ目的な人はお断りし、まず仲良くなってもらって知り合ってもらう。いつの間にか店内には顔見知りが増えたりして和気あいあいな雰囲気になり、そして皆が仲良くイベントを楽しめるような感じにこっちは企画する。そんな最初はみんな知らない者同士だけど、いつしか仲良くなってイベントも楽しめるようなそんな婚活支援がしてみたいです。私はどうもかしこまったわざとらしさやいかにもみたいな雰囲気が苦手なので、上記のような婚活支援会社があればなあと思ってます。つくってみたいなとも思ってます。ですが、現実そうもいかないだろうからなんとなく温めてる案です。とにかく婚活で苦労した経験があるので、友人で出会いがなくて困ってる人はほんとほっとけないです。私のようなパターンもあるから、いつかはきっと結婚できるよ、私だって出来たんだからと今は友人を励まし夢をあきらめさせないで応援することしか今は出来ません。

Share on Facebook

No Comments »

06 2月

婚活ブームからの婚活支援

Posted in 婚活 on 06.02.12 by Merlyn

最近「婚活」という言葉をよく耳にします。私はもう結婚しているし姉は独身なのですが結婚に関してあまり興味がなく、身近に婚活をしている人があまり居ないのであまり詳しいことは知らないのです。ですが少し興味を持って婚活について調べてみると、今は少子化問題も重なり、民間だけでなく行政も婚活支援の取り組みを始めるほどの問題になってきているようですね。思いのほか婚活支援への日本各地の行政の積極的な取り組みが多くとても驚きました。

できちゃった婚という言葉を最近よく耳にするので、少子化なんてさほど心配することではないのではと私は思っていました。実際に私もできちゃった婚で今年に入籍しています。ですが今世の中は私の様なできちゃった婚で20代前半や10代後半に早々に結婚する人と、全く婚期が訪れてないない人や結婚願望があまりない人の二極化が進んでいるようです。時代と共に女性の職の自由の幅が広まり、職に充実して婚期を先延ばしにしたために恋愛に疎くなってしまった女性が多いのではないかと感じました。

そうした状況の中、婚活支援はもはや企業が利益のために行うものではなくなっているようです。行政が地方の過疎化対策の一環として婚活支援により少子化問題を解消させようと取り組んでいます。婚活ブームにのるのが恥ずかしいと思う人も一度くらい恥ずかしいという固定概念を無くし、このような婚活支援によって素敵な家族がたくさん産まれるといいなと思います。婚活ブームで婚活支援が積極的に各地で行われていることは、国全体にとってとてもプラス思考で良いことではないのでしょうか。

Share on Facebook

No Comments »